<改造について>

情報は出しておきますが、改造によって何か問題が発生しても当方には責任を負いかねますので、自己責任でお願いいたします。
また、吸いだしたROMの配布や、配布されているROMのダウンロードは違法です。吸いだしたROMの配布及びダウンロードはしないようにお願いいたします。

まずはじめに

SMG2の改造はこちらのwikiの方が分かりやすいかもしれません

このページを作ろうと思ったきっかけ

既にWikiのほうに改造の手順が載っていますが、今後改造する人のために、私がつまずいたところや苦戦したところを載せておきたかったからです
また、Wikiに書いていないことや、より細かいことを書いていこうと思っています。
そんなのWikiに書けばいい話じゃんと思うかもしれませんが、Wikiのほうだと適当なこと言えないのでw
もちろんこのページで適当なことをいうわけではありませんが、Wikiのほうで変なこと言ったら責任が取れないので、あくまで個人でという形にしました
私にできることは数少ないですが、これから改造を始めるという方の役に立てたらと思っております


  1. Wii本体の改造について
  2. ※WiiUの場合、Wiiと少し違います、WiiUに関しては時間があるときに書いておきます


    1. 準備するもの

      • Wii本体
      • SDカード(SDXCは×)
    2. HomeBrewChannel(以降HBC)の導入

      1. 1.Wiiのバージョンを確認します

        Wiiを起動→Wiiオプション→Wii本体設定の順に開くと右上にバージョンが表示されていると思います
        (必要でしたらメモを取っておいてください、因みに4.3Jが推奨です)

      2. 2.Wi-Fi MACアドレスを確認します

        バージョンを確認したら、そのまま本体設定から、インターネット→本体情報でWi-Fi MACアドレスを確認します(画像では黒く塗りつぶしてありますが、本来、12桁の数字が載っている筈です)
        ※こちらは間違いの無いように、確実にメモを取っておいてください

      3. 3.レターボムをダウンロードします

        次に こちらのサイトに飛びます

        1. ◦1で確認したWiiのバージョンを上の4つの中から選択
        2. ◦その下の欄に2でメモしたWi-Fi MACアドレスを入力
        3. ◦あなたはロボットではありません
        4. ◦Cut the red wireをクリック
        5. ◦ダウンロードが始まります
      4. 4.レターボムをWiiのほうで受け取ります

        1. ダウンロードしてきたレターボムをSDカードに移し、SDカードをWiiに挿します
        2. 日付を1日前に戻すと伝言板に下の画像のような手紙(レターボム)が届きます
      5. 5.HBCの導入まで

        1. 4で届いた手紙を開きます
        2. すると画像のような画面になると思います、ここは放置で構いません
          (もしここでフリーズしたら、3の入力に誤りがありますので、3からやり直してください)
        3. しばらく待ってこのような画面が表示されたら、Wiiリモコンの①を押します
          (因みにここには利用規約的なものが書いてあります、一応こちらに翻訳(笑)を載せておきます)
          まぁ要約すると営利目的での配布をした場合詐欺として扱うよ~ってことですねたぶん
        4. ここはそのままcontinue(続ける)を選択
        5. Install The Home Brew Channelを選択(HBCがWiiにインストールされます)
        6. Yes.continue
        7. Exit
      6. 6.HBCの使い方

        詳しい使い方は後程紹介するので、取り敢えずはホームボタンを押して、Exit to System MenuでWiiメニューに戻ります

  3. ROMの吸出しについて

  4. ここでは私が使用した方法(ツールはCleanRip、吸出しは16gbのSDカードを使用)で紹介します

    申し訳ありませんが、今まで吸出しに使用していたSDカードを家族にあげてしまった為、現在吸出しの様子をスクリーンショットで撮ることができません。そのため、新たにSDカードを購入するまでこちらの項目を編集できません。つきましては、こちらに参考にさせていただいたサイトのURLを貼っておきますので私がSDカードを購入するまでの間、そちらを参考にしてください

    https://wikiwiki.jp/gcwiiemu/How_to_Rip/Wii

  5. 実機で動かすには

  6. 実機で動かすには後々必要になってくるRiivolutionというツールを使います

    Riivolutionについて

    Riivolutionは、改造したROMをWiiに適用させるツールというガバガバな認識でOKです
    少し詳しい説明をさせていただくと、吸いだしてきたROMをパッチとして改造し、それをソフトと一緒にWiiに読み込ませるので、そもそもソフトがなければ改造しても実機で起動できません
    そういう認識でいいんですよね?詳しい方(知ったような口きいてるけど実はあんまり分かってなかったりする)

    Riivolutionの導入

    こちらのリンクからRiivolutionをダウンロードしてください

    ダウンロードしてきたら、ディレクトリの構造を以下の図を参考にSDカード内に作ってください
    (ディレクトリ構造は私が一番苦労したところです、もしかすると何か間違えがあるかもしれません。もし何かあるようでしたら、速やかに私にお問い合わせください、わからないところでも構いません、気軽にお問い合わせください)

    root/
      ├apps/
      │  └riivolution/
      │             └略
      ├Riivolution/
      │         ├SMGstagehack.xml
      │         └config/
      │               └SB4J.xml
      ├boot.elf
      └smg2.5/

    1. 1.ルートディレクトリの中にappsというフォルダとRiivolutionというフォルダを作ります
    2. 2.appsフォルダの中に先ほどダウンロードしてきたriivolutionフォルダを入れます
    3. 3.先ほどダウンロードしてきたriivolutionフォルダの中にあるboot.elfファイルをルートディレクトリにコピーします
    4. 4.ルートディレクトリのほうのRiivolutionフォルダにconfigというフォルダを作ってください
    5. 5.あとで使うのでルートディレクトリにsmg2.5というフォルダを作っておいてください
    6. 7.WiiにSDカードを挿してHBCを起動   画像のようになっていればOKです
    7. 8.Riivolutionを選択するとそのままRiivolutionが起動します(一応これでRiivolutionの導入は完了しました)

         おそらくこの時、HomeにRiivolutionのチャンネルが作成される筈です

    8. 9.起動すると暫くこのようなロード中の画面になります(ロードには、時間がかかる場合があります)

         ロード中の画面

    9. 10.ロードが終わってこのような画面が表示されていれば成功です

         ロードが完了してもこのような画面が表示されないようでしたら早急に私にご連絡ください
         (この時、SMG2のソフトがWiiに挿入されていないと表示されない原因になります)

    Riivolutionの使い方

    1. 以下、この画像を参考にしてください
    2. SMG2.5 DEMOをdisabled(無効)からenabled(有効)にします
    3. Launchを選択すると起動します(まだ何も改造していませんが一応起動する筈です)
  7. ステージの改造

  8. ステージの改造にはWhiteholeというツールを使います

    現在、Whitehole-1.5.1が最新のバージョンです(Whitehole1.5.4を開発中です)

    1. 1.Whiteholeのダウンロード

         以下のURLから備考欄を参考にダウンロードしてきてください

      バージョン 備考 製作者
      Whitehole-0.9~1.1 無し Arisotura
      Whitehole-1.4(1.4.3) 現在、ダウンロードできません。欲しい方はSkypeまたはDiscordからご連絡ください Aurum(SunakazeKun)
      Whitehole-1.5.1 一応現在配布されている中では最新ですが深刻なバグがあります FroggoTheDoggo
      Whitehole-1.5.4 まだ配布されていません TheSunCat

      最新のバージョンは1.5.1ですが、私が使った感じだと1.4.3のほうが安定しています※あくまで個人の意見です
      Whiteholeを使うにはjdkが必要です、0.9~1.1はjdk7でそれ以外はjdk8をあらかじめ準備しておいてください

    2. 2.Whiteholeのセッティング

      1. luma's workshopが死んで、Update URLのリンクが切れていますxmlファイルをこちらからダウンロードしてください(もしかしたらクリックしてもダウンロードができないかもしれないです)
        若しくは少し古いですが、kuribo64のObject Databaseをダウンロードしてきてください(だいぶ古いので推奨はできません)

        ダウンロードしてきたらWhitehole.jarと同じディレクトリに入れてください

    3. 3.Whiteholeの使い方

      1. Whiteholeの基本操作

        1. ⅰ.Whiteholeを起動するとこのような画面が表示されます

        2. ⅱ.Select game folderでisoファイルから抽出したフォルダを選択し開くを選択

        3. ⅲ.抽出が成功していればステージ名が出てきます(ステージ名の日本語名はこちらに載せておきます)

          Whitehole1.5.4ではこの作業が要らなくなるっぽいです※以降Whiteholeは1.5.4を使って説明します(1.5.4はテスト版をお借りしています)

        4. ⅳ.改造したいステージをダブルクリックでステージが開きます

        5. ⅴ.メインウィンドウの基本的な操作と覚えておくと便利なショートカットキー
          操作 動き
          左クリック オブジェクト等の選択
          左クリックドラッグ 視点移動(上下左右)
          右クリックドラッグ 視点移動(回転)
          マウスホイール 視点移動(奥行方向)
          左クリック+左クリックドラッグ 選択物の移動
          P+←orナムパッド4(P+→orナムパッド6) 選択物をX軸方向に100移動
          P+↑orナムパッド8(P+↓orナムパッド2) 選択物をY軸方向へ100移動
          P+ナムパッド9(P+ナムパッド3) 選択物をZ軸方向に100移動
          S+←orナムパッド4(S+→orナムパッド6) 選択物をX軸方向に1拡大(縮小)
          S+↑orナムパッド8(S+↓orナムパッド2) 選択物をY軸方向に1拡大(縮小)
          S+ナムパッド9(S+ナムパッド3) 選択物をZ軸方向に1拡大(縮小)
          S+ナムパッド9(S+ナムパッド3) 選択物をZ軸方向に1拡大(縮小)
          R+←orナムパッド4(R+→orナムパッド6) 選択物をX軸方向に5°回転
          R+↑orナムパッド8(R+↓orナムパッド2) 選択物をY軸方向に5°回転
          R+ナムパッド9(R+ナムパッド3) 選択物をZ軸方向に5°回転
          Ctrl+S 保存
        6. ⅵ.サイドパネルの使い方
          • Scenario/Zone

            シナリオの選択とゾーンの選択ができます(詳しい説明はまた追々)

          • Objects
            • Add objectでオブジェクトの追加、Delete objectでオブジェクトの削除ができます

              Add objectを選択するとObject Databaseが正常に入って入れば以下のようなウィンドウが出てくるのでそこから任意のオブジェクトをさがしてください

              一覧の中から任意のオブジェクト名をダブルクリックし、メインウィンドウにて配置したい場所をクリックするとオブジェクトを配置することができます

            • オブジェクトを選択すると以下のようにサイドパネルにオブジェクトの情報が出てきます

              この情報は、オブジェクト毎に若干の差異があるのでまた追々

            • サイドパネルではないですが、オブジェクトを選択した後、サイドパネル上のEditからコピー(ペースト)を選択し、任意もの選択することによってXYZ値をコピー(ペースト)することができます

            • ボスの設置方法(未完成)

  9. 実機での起動

  10. ツール一覧

    ツール専用のページを作りましたのでダウンロードはこちらかどうぞ


ページのトップへ